英検準1級の難易度

英検準1級はどれくらい難しいのか、ってことですが、これは一口には言えませんね。
高卒程度、という目安はあるけれど、英語の苦手な人の場合と、得意で会話も
勉強してきた人では全く違いますから。

でも、これから準1級の勉強を始めたい場合、と考えると、高校生くらいの英語力が
あれば、充分勉強して合格できるんじゃないかと思います。

高校3年くらいの基礎的な文法が、とりあえずできていること、という感じでしょうか。
完璧じゃなくてももちろん大丈夫ですが、準1級の参考書を読んで理解するには
やっぱり高校文法のマスターは必須ですね。

仮定法や完了形が全くわからないあ、ということだと、ちょっと厳しいです。

でも、英検を受けるのは学生ばかりじゃありませんね。
英語からしばらく遠ざかっていた社会人や主婦の方も、久しぶりに勉強して受けてみる
ということがあります。

そういう場合も、高校までは英語をやった、それなりに理解していた、くらいの力が
あればスムーズにスタートできるのではないかと思います。

でも、離れている時間が長ければ長いほど、文法なども忘れていますよね。
そういう場合は、英文法の参考書、ちょっと詳しいものを買って一通り勉強することを
おすすめしたいですね。

問題集を解きながら、わからないことがあったら参考書でマスター、という風に
とにもかくにも始めてみることがいいのではないかと思います。


高校の文法をマスターして、あとは単語と熟語ですね。これを頑張れば一次試験は
合格できると思います。

単語や熟語は一つ一つ覚えていくしかないし、地味な作業ですが、これは飛ばせませんね。


そのあとは、スピーキングです。全く喋ったことがない場合はトレーニングが必要
ですが、スピーキングやリスニングはなれもありますから少しずつでも上達します。

焦らずに一歩ずつ、着実にやっていけば準1級の2次試験はそれほど難しいものではありません。


【PR】英語が読めるようになる!英語真っすぐリーディング講座
リーディング
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|