英検準1級の面接ってどう?

面接って緊張しますよね。英語でしゃべらなければいけないとなると尚更です・・・!

試験官にもよるかもしれませんが、準1級って落とすための面接ではないのd
優しい試験官が多いのではないかな、と思います。

私が当たった試験官もフレンドリーで優しい感じでしたよ。
これはすごくラッキーでしたね。

コワイ試験官にあたると実力が出せなかったり、余計に緊張して失敗する
ということもありそうです。

相手が優しかったり、丁寧に聞いてくれたりするとそれだけで緊張がほぐれて
やる気が出てくるというか、一生懸命に慣れるものなんですね。

試験の間は英語でやり取りするわけですが、相手の言うことがわからなかったら
聞き直してもいいんです。

私も1回聞き返しました。あやふやな理解のまま答えてしまうと的外れに
なってしまうことになりますから、それは避けたいところですね。

答えがピンと外れだとかなりのマイナスというか、点数はもらえないでしょう。
聞き返して正しい答えを返すことができたらあまりマイナスはされないんじゃないかと思います。

ただ、毎回聞き返したり何度も同じところで聞き返すとマイナスになりそうですね。
なので普段からリスニング力を高めておくことは必須ですけどね。

面接は緊張しやすいタイプの方にとってはほんとに苦痛ですよね。
そういう場合はリラックス法を何か考えておくのが大切かなと思います。

私は本番になるとそれほど緊張しない、というか肝が据わってしまうタイプですけど、
中には声が震えたり、卒倒するんじゃないかと思うくらい緊張する人もいます。

そういう方は実力が出せなくて悔しい思いをし続けているそうです。
とはいえ、結果が全てですからなんとか緊張をほぐす手立てを探すことが先決ですね。。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|